ホーム > SHOP > テラヘルツシリーズ > カタカムナ・賢者の石

  • ポイント2倍

商品コード : 507

カタカムナ・賢者の石

 

 

 


 

 

 

■「カタカムナ・賢者の石」とは?

 

「カタカムナ賢者の石」の中には、稲から精製したピュアな植物由来のテラヘルツと、土(土壌)を表わす鉱物由来のテラヘルツ(※従来のバレルコア)が入っています。この2つのテラヘルツは、命をはぐくむ土の力を介して植物(生命)が生まれる過程をそのまま表しています。このことは植物に限らず人間をはじめ、すべての生命にも同じことがいえます。
※従来のバレルコア(最高純度の11N)に稲から精製したテラヘルツパウダー鉱石がプラスされたものです。

また「カタカムナ賢者の石」にはカタカムナ文字である「ヤタノカカミ」と「ヤタノカカミ」からつくられた「カムナ」の図形を一対で使用しています。この一対の図形には「生命の根源である波動が無限に広がっていく」という意味合いがあり、あなたの世界に変化を起こすきっかけの核であるインナーチャイルド(潜在意識) にとっての癒しとなります。



 

 



※バレルコアにつきましてはこちらもご参考になさってください。
https://ameblo.jp/tyrsrr/entrylist.html
「カタカムナ・賢者の石」がお得に買える方法→ブログ内のみ公開の当店限定プレゼント情報もございます。
 

 


 

 

■「カタカムナ賢者の石」は不純物のない動物性テラヘルツを使用しています

 

鉱物の持つ結晶性のテラヘルツとは異なり、非結晶性の籾殻から生成された植物性テラヘルツは人が食べてもいいほど安全です。これは人体に対する親和性が高いということです。今回、植物性のテラヘルツが加わったことで人の波動に同調しやすくなりました。

 

 

■「カタカムナ賢者の石」と「カタカムナバレルコア」を併用することでさらなる高次元空間へ

 



「カタカムナ賢者の石」と「カタカムナ バレル・コア」は、体を覆うように「ミスマルノタマ」という高次元空間をつくりだします。「ミスマルノタマ」は、植物で言えば種子のようなものですが、それだけでは大きくもならず成長もしません。しかし、そこに人の意識( 潜在能力) が働くと、根を張り、芽を出し、葉が出て、茎が太くなり、いずれは数えきれないほどの実を宿します。



 

「カタカムナ バレル・コア」を使用し生まれる「ミスマルノタマ」を「カタカムナ賢者の石」から生まれる親和性の高いテラヘルツ波がより安定させ、より持続時間の長い「ミスマルノタマ」をつくることができ、あなたの根本にある願いを表してくれます。
※2 つ一緒にご使用になる場合は、それぞれを振ってご使用ください。
※「カタカムナ賢者の石」「カタカムナ バレル・コア」を頭頂部に載せ、意識を空にすることも有効です。




●「カタカムナ バレル・コア」
は直線的なエネルギーを発し、ハッキリした願望をイメージして振るとよいそうです。
●「カタカムナ 賢者の石」は放射状にエネルギーを発し、人体との相性を高めることで、よりパワーアップしています。

 
 
 
 

■「テラヘルツ波」+「カタカムナ」で高次元エネルギーを取り入れる

 

「カタカムナ バレルコア」は、テラヘルツ波を応用した活水器や空間エネルギーを調整する製品の開発メーカーであるニュージー社と丸山先生が監修してカタカムナの高次元エネルギーを摂り入れて完成したコラボ商品です。

テラヘルツ波とは、毎秒1兆回振動する周波数帯のことです。3~1,000μmの波長で、遠赤外線のサブミリ波領域の電磁波です。電磁波といっても人体や自然界にはなく、21世紀の最先端エネルギーとして注目をされています。

テラヘルツ波を照射すると、物質が共振現象を起こし、体温が上昇したり、動植物生育を促進し、生命力を高めることが数々の研究によってわかっています。

 

 

▲科学のフロンティア(12)未知の世界をうつす新しい光 テラヘルツ光研究プログラム


人体や動植物からもテラヘルツ波が照射されており、放射量と平均放射率が高いほど生命力が高く、またテラヘルツ波は宇宙の銀河や星雲、惑星からも放射されており、マイナス70℃以上の暗黒の宇宙空間からも放射されています。

地球上の生命に大きな影響を与えている身近な存在が「月」です。月から放射されるテラヘルツ波は、地球上の生命の発生や、生命の免疫力、自然治癒力の維持に必要不可欠な影響を与えています。テラヘルツ波とは、科学的に証明された遠赤外線を超えた精密な周波数帯なのです。
 

 

 
 

■奇跡を呼び起こす「カタカムナ バレル・コア」シリーズ

 

 「バレル・コア」とは身に着けたり、振ることで、仕事・経済・対人関係・健康・魔よけ・運気アップに威力を発揮する“現代版打ち出の小槌”として「振れば振るほどツイてくる」といわれている大人気製品です。これまでの「テラヘルツ人工鉱石」と「セラミックパウダー」に加えて丸山先生の監修のもと、「カタカムナ」のパワーをプラスしています。

【カタカムナ バレル・コア】
カタカムナウタヒ代7首(正と負の2種類)が刻印されています。
宇宙創造したアメノミナカヌシ、タカミムスヒ、カムミムスヒによって、すべてを創造する球体=ミスマルノタマを創りだします。
<商品使用>
素材:SUS304・高純度ポリシリコン(N11)・テラパウダー
サイズ:直径39㎜・高さ27㎜
重量:145g

 

 

 

 

【カタカムナ 賢者の石】
「ヤタノカカミ」とそれからつくられた「カムナ」図形が刻印されています。
生命の根源である波動が広がり、インナーチャイルド(潜在意識)にとっての癒しとなります。
<商品使用>
素材:SUS304・高純度ポリシリコン(N11)・植物性(稲)テラパウダー
サイズ:直径36㎜・高さ36㎜
重量:130g

 

 

 






 

~人の身体DNAに刻まれた暗号カタカムナ文字でできている~
夢を叶える神話の奇跡

縄文時代よりもはるか昔にカタカムナという文明がありました。その文明に関する記述は和歌に似たカタカムナウタヒという神話以外に何も残されていません。 そのため、カタカムナ文明は、長い間、謎に包まれたままでした。しかし、カタカムナウタヒを、ていねいに読み解いていくと、そこには現代物理学の最先端の 理論や現代科学が到達していない超科学についても書かれていました。カタカムナウタヒはただの神話ではなく現代科学をしのぐ超科学書だったのです。それだけでなく驚いたことに、このカタカムナウタヒのデザインそのものに『夢をかなえる』空間を人の周囲に創り上げる作用があったのです。というのは、 カタカムナウタヒは、カタカムナ人が高次元空間に意識を移してそこで見た素粒子の形を写しとったものをデザイン化したものだからなのです。

実際、カタカムナウタヒのデザインを刻印した生活用品を使うと人の周囲の空間と人の身体を構成する素粒子がカタカムナウタヒという素粒子のデザインと 共振し奇跡ともいうべきことが次々と起こります。特にカタカムナウタヒの人を元気にする働きや、使う人の脳に働きかけてめぐりをよくし、 その人の夢の実現を助ける力は特筆ものです。


 

 

 ◆そもそも「カタカムナ」ってなに?

 

カタカムナについて話す前にまずは、カタカムナ文字について説明しなければなりません。カタカムナは上古代と呼ばれる一万二千年も前の時代に使われていた言葉で、図のような線と円のシンプルな要素で作られた言葉のことです。そしてカタカムナ文字は立体でした。レオナルドダヴィンチが鏡文字を使って脳の異次元レベルの進化を遂げたのと同じように、立体文字を使いこなしている上古代人カタカムナ人は高次元人であったと考えられています。



 カタカムナとは、今から数万年~10万年以前の日本列島に住んでいたといわれている謎の人類=カタカムナ人が残した「謎の古文書」であり「古代科学の書」です。電気技術、物理研究家であり「静電三法」で有名な楢崎皐月氏(左写真)が1949年に兵庫県六甲山の金鳥山で科学の研究として大地電気の測定をしていたときに、平十字(ひらとうじ)という猟師から「動物たちが困っているからその測定をやめてほしい」と頼まれて、すぐにその通りにしたら、お礼にと「カタカムナ神社のご神体」という巻物を見せてもらったという。その巻物に書かれた文字が渦巻き状に書かれていて、神代文字の八鏡文字(※)に似ていたので、頼み込んで巻物を20 日間借りて、急いで書き写し、そして楢崎氏によって解読されたのが、カタカムナの存在が世に知られるきっかけと言われいます。
※八鏡文字…八鏡文字とは、上古代の日本に存在した高度な文明を持つ種族によって創られた文字。

その内容は、一般に知られているような古代の象形文字などとは明らかに異なった高度に幾何学的で抽象的な記号が渦巻状に配置されており、渦巻状の図形が合計80個書かれていました。その渦巻状の図象のうちのひとつが48個の異なる記号で構成されており、日本語のイロハ48声音に対応していると考えられるのです。

カタカムナ文字は、文字の形状と意味が正確に対応しており、基本的な16個の要素の組み合わせで構成されていて、超意識レベルまでの基底存在の配列となっている文字であり、本来の日本語はこのような驚くべき機能を備えた「言霊」の宿る究極的言語であると考えられているのです。カタカムナでは「物質世界」と物質世界を作りだしている「潜像世界」=多次元世界が存在しているということが示されており、高次元宇宙論が展開されています。

 

 

 ◆「カタカムナ」の意味

 

 

「カタカムナ文献」とは「古史古代」のひとつであり、日本の正史とされている「古事記」「日本書紀」といった書物よりも古く、先史以前の文明=超古代文明についての記述や、現代の最新物理学をも超える叡智が詰まっているのです。古史古代は、「超古代文明」「超古代文庫」とも言われていて、「カタカムナ文献」の他に「ウエツフミ」「ホツマツタヱ」「竹内文書」「物部文書」などがあり、「カタカムナ文献」はそのどれよりも古く、内容も異なり、「宇宙の構造や法則」「万物の根本原理」「マクロコスモスからミクロコスモス」といった現代の最先端科学が取り上げるテーマにまで及んでいます。

カタカムナという言葉の「カタ」は「方」であり、私たちの見ている宇宙がすべてではなく、それは「片」であるという意味があり、「カム」は現象として現れている「素粒子」であり、目には見えない世界が存在しており、現象としては現れないが、潜在的に存在している「波動」であり、「神」という意味です。「ナ」は潜在する支配の主(潜在意識)を表しています。

カタカムナは現象(カタ)も潜像(カム)も、主(ナ)が世の中の本質を現しているとし、現象世界(カタ)と潜像世界(カム)のすべては「アマ」という極微の基礎物理量から成り立ち、アマは形もなく無限量存在していると伝えています。

 

 

 

 ◆「カタカムナ」を医学に応用 ~丸山アレルギークリニック丸山修寛氏~

 

 

カタカムナを研究し始めて20 年になります。本業はアレルギー専門の開業医ですが、現代医学だけでは治せないことが多々あります。どうすれば難病を治せるかと切実に思っていると、インスピレーションを通してカタカムナの知恵が降りてくるようになり、治療に使い始めたところ、治せる病気が劇的に増えたのです。私はこれを「カタカムナ医学」と呼んでいます。

カタカムナは、1万2千年以上前の上古代時代の文字で、日本語の48文字48音図に一致しています。このカタカムナ文字を使っていた人々を、私は、カタカムナ人と呼んでいます。カタカムナ人は、現代人よりも感覚や能力が格段に発達していて、宇宙や原子の真空の中に発生する素粒子が見えていたのではないか。その素粒子の形をそのまま文字にしたのがカタカムナ文字だろう、と私は考えています。私がはじめてカタカムナ文字で書かれたカタカムナウタヒの第五首を唱えたとき、私の周りに半径2.5メートルほどの目に見えない不思議な球体(ミスマルノタマ)が現れました。そして、この不思議な球体(ミスマルノタマはカタカムナウタヒの第五首を読むたびに間違いなく現れることがわかりました。)球体が現れ、その中にいると身体は熱くなり、手や指先がじんじんとしてきます。そのため球体は目に見えなくても、そこにあることがわかったのです。なんらかの不調がある患者さんをこの球体の中に入れると、たいてい身体が温かくなったと言ったあとでそれまであった症状がとれていきます。

このようなことから体が元気になるためにカタカムナを応用できないかと研究を重ね、だれでも簡単にカタカムナを使うことができるようにしたものが「神話の奇跡シリーズ」です。カタカムナウタヒを見たり謡ったりするのはもちろん、いつも身の回りにおくことで、高次元との架け橋となり、私たちの細胞やDNAは、素粒子レベルで応えてくれるでしょう。

 

 

 

 ◆「カタカムナ」人を癒す奇跡のパワー

 

カタカムナ人がカタカムナ文字で自分たちの知識や文化を記したものをカタカムナウタヒといいます。カタカムナウタヒは80首あり、これらはみな、五・七・五・七調の和歌に似たリズムを持っています(中には字余りもある)。例えば、ヒフミヨイ・マワリテメクル・ムナヤコトのように第5首を例にとると中心にはヤタノカガミという図形があり、それをとりまくようにカタカムナ文字が右回りの渦(画像参照)を描くように書かれています。

80首ものカタカムナウタヒには天文学や農業、現代の最先端科学である量子力学と同じかそれ以上の内容が記されています。そしてカタカムナウタヒを紐解いていくと、そこには現代科学をはるかに凌ぐ高度な文明があったことがうかがえるのです。

80首あるウタヒの中でも第5首には、カタカムナの真髄が秘められています。「ヒフミヨイ ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ」のヒフミヨイ(一二三四五)の見える世界が、マワリテメクル、つまり渦の回転方向が変わり、ムナヤコト(六七八九十)の見えない世界と交流が行われているということを表しています。カタカムナウタヒの第5・6・7首を続けて読むとさらにすごいパワーを発揮すると言われていますので、是非読んでみてください。

 

 
 

 ◆奇跡の神話~「カタカムナ」

 

カタカムナ文字について説明しますと、カタカムナは上古代と呼ばれる12,000年も前の時代に使われていた言葉で、下図のような線と円のシンプルな要素で作られてた文字なのですが、実は立体だったのです。レオナルド・ダ・ビンチが鏡文字を使って脳の異次元レベルの進化を遂げたのと同じように、立体文字を使いこなしていたカタカムナ人は、高次元人であったと考えれています。

 

 

 

 

 

 





カタカムナ人がカタカムナ文字で自分たちの知識や文化を記したものをカタカムナウタヒと言いますが、第5首を例にとると「ヒフミヨイ・マワリテメクル・ムナヤコト」のように中心にはヤタノカガミという図形があり、それをとりまくようにカタカムナ文字が右回りの渦を描くように書かれています。その中には天文学や農業、現代の最先端科学である量子力学と同じかそれ以上の内容が記されており、紐解いていけば現代科学をはるかに凌ぐ、高度な文明があったことがうかがえます。

 

 
 

 

 ◆神聖幾何学=正八面体

 

丸山医師がカタカムナを研究していて、誰も発表していない発見がいくつもありました。実はカタカムナ文字は「立体」でだったということと「裏カタカムナ文字」が存在していたということです。

カタカムナ文字は、小さな丸と大きな丸、そして直線で表されいますが、48音すべてを立体化してみると円は球体、直線はピラミッドの稜線だったということがわかったのです。そして第5首を立体にして配置してみると、風邪を感じたのですが、これは3次元世界と4次元世界が渦巻くことで発生したと考えられます。

螺旋で描かれたウタヒの中心には3種類の図形があるのですが、「ウアタノカガミ」「フトマニ」「ミクマリ」と呼ばれています。そして、最も多く使用されている「ヤタノカガミ」で立体図形を作り、2つの底辺同志を合わせて正八面体を作ってみたら「フトマニ」はピラミッドを真上から見た平面となり、円とピラミッドの要素が一体化した形を意味しているということが分かったのです。つまり、カタカムナ人は、ピラミッド構造の意味を科学的かつ直感的に知っていたのです。

 


 

 ◆丸山修寛氏~裏カタカムナを発見!~

 

丸山先生:「カタカムナ文献」には「宇宙は陰と陽。男と女というようにペアになっているのが原則」とあります。カタカムナ文化は、見える世界である現象界と見えない世界の潜像界という表と裏がペアとなって作動しますから、裏があると考えたわけです。そこで、第5首にある「カタチサキ」に注目してみると、「形が先」「形が割く」という意味があると気づいたのです。また第2首には「ヤタノカガミ カタカムナカミ」とあるので、ヤタノカガミからカタカムナ文字を引いたものがペアになると考え、48文字分の「裏カタカムナ」を作り、80首を平面に配置して、表カタカムナと対にしてみたのです。カタカムナ文字には、4次元界を3次元界へ導く働きがありますので、見える世界と見えない世界が活発に交流し始めたのです。



カタカムナは空間や物事を変えてしまう量子力学的な言葉です。神とは意識を持つ空間であり、カタカムナは神をこの世に誘致する目的があると考えています。神聖幾何学は、自分という存在を形作る形態場です。自分の周りにあるグリッドが、宇宙のすべてをコントロールするフラワー・オブ・ライフとつながっているので、それをさらに強固にするのがカタカムナなのです。

 


 
 

 ◆丸山修寛氏が発見したカタカムナ図形の真実

 

 

丸山先生:「カタカムナ」には隠された対になるものがあり、「表」と「裏」の2つを使用することで、素粒子や潜在意識に干渉し、変化させることができると考えています。「表」のカタカムナは「陽」を意味し、見える世界から見えない世界への入り口となります。「裏」のカタカムナは「陰」を意味し、見えない世界から見える世界への入り口となるのです。この2つのカタカムナウタヒを使うことで、見えない世界と見える世界に双方向性のつながりが生まれ、エネルギーが循環するようになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  丸山式シリーズ ~商品ラインナップ~


 

 

電磁波対策
丸山式コイル
ブラックアイ

丸山クリニック院長が開発した電磁波対策炭コイル
【本体】6個入り 【サイズ】直径13mm・厚さ1.6mm
【素材】銅線・セラミック炭、
 スチレン系熱可塑性エラストマー
 

4,320円
電磁波対策
ブラックアイ
貼付シール
ブラックアイ貼り付け用の専用シール
【貼付シール】50枚入り
【サイズ】直径23mm
【素材】綿、天然ゴム、合成ゴム、粘着付与材 
 
540円
電磁波対策
Dr.コンセント

ブラックアイを内蔵したコンセント貼り付けタイプ
【カラー】・木製ナチュラル・木製ダークブラウン
 

3,024円
電磁波対策
アビリスプラス
ブレスレット

ブラックアイを内蔵したブレスレット
【原材料】シリコン・銅線・スチレン系熱可塑性
エラストマーセラミック炭
【サイズ】・LL-20.0cm・L-19.0cm・M-18.0cm
・S-17.0cm

6,048円
電磁波対策
アビリスネックレス
ブラックアイを内蔵したネックレス
【原材料】シリコン・銅線・スチレン系熱可塑性
エラストマーセラミック炭
【サイズ】・L-51.0cm・S-44.0cm
【カラー】ブラック/ホワイト
6,048円
電磁波対策
MAX mini-α
パソコン・携帯電話用 電磁波対策シール
【本体】MAX miniαシール×1枚
【原材料】銅・粘着シート 43×45mm
【付属品】透明保護フィルム×2枚 50×50mm
 
2,916円
静電気除去
空ねる枕 
枕の中で発生する静電気をブロック
【サイズ】幅38×長さ58×高さ10cm【重量】約700g 
【素材】表面のハニカム生地:ポリエステル100%
その他の部分のベージュ生地:綿100% 
中材:ポリエステルわた・静電気徐電カプセル7個
16,457円
地磁気パワー
丸山式ガイアセラミック
ガイガコットン
フェライト系セラミックパウダーを使用地磁気パッド
【素材】表地:綿100% 裏地:ポリエステル65%綿35%
中綿:フェライト系セラミック混ポリエステル100%
【サイズ】シングル:100×200㎝ ベビー:70×120cm
 
19,440円
~
30,240円

地磁気パワー
丸山式コリドラシリーズ
コリドラネックレス

地磁気不足をサポートするコリドラネックレス
【素材】フェライト系セラミック、本革紐
【サイズ】本体25×12.5×3.7mm 本革紐 800mm

 
5,184円
地磁気パワー
丸山式コリドラシリーズ
アビリスブレインアップ
地磁気不足をサポートするコリドラブレスレット
【素材】シリコン(セラミック混)
フェライト系セラミック(コリドラ2個)
【サイズ】・S-17cm・M-18.5cm・L-19.5cm
 
6,048円
3Dカバラシリーズ
3Dカバラキューブ
生命エネルギーとバリア強化
【材質】クリスタルガラス製 化粧箱付き
【本体サイズ】30×30×30mm

 
27,216円
3Dカバラシリーズ
3Dカバラネックレス
生命エネルギーとバリア強化
【材質】クリスタルガラス製 
【本体サイズ】高さ39×幅16×奥行16mm

11,800円

 


 

電磁波ブロッカーMAXminiα(1枚入り) 2,916円  電磁波ブロッカーMAXminiV(1枚入り) 5,184円

 

コリドラネックレス 5,184円 アビリスブレインアップ 6,048円

 

 

丸山式コットンGaia 19,440円~

 

 

カタカムナ
EMナノフラーレンプレート

カタカムナ
プレート6首

カタカムナ
マグカップ5首
カタカムナ
バレル・コア
12,960円
6,912円
2,592円
48,600円
 
カタカムナ マウスパッド
オールマイティ
カタカムナ
ヤタノカムナミラー
カタカムナ
クリアファイル(2枚組)
 
2,160円
6,912円
1,566円  
 
カタカムナ
枕カバー
カタカムナ
3重ガーゼケット
カタカムナ
マルチフラットシーツ
 
6,912円
6,912円
16,200円
 
カタカムナ
ガーゼハンカチ5首
 カタカムナ
ガーゼハンカチ7首
カタカムナハンカチ
第5首・アマカムナ
カタカムナハンカチ
デロスの神託
 1,296円
 1,296円 4,428円 4,428円
 
カタカムナハンカチ
カタカムナπ
カタカムナスカーフ
デロスの神託
カタカムナスカーフ
カタカムナπ
 
4,428円
32,400円 32,400円  
       
       
       


  









 

 

 



 

 

 

 

PAGE TOP